HOME > Cackle Web マイページ

Cackle Web マイページ

2016年5月11日
パソコンだけでなくタブレット・スマートフォンからもご利用いただけるWebマイページ。
席次表や列席者登録など、式準備に必要な作業を新郎新婦様の好きな時間に余裕をもって作業していただけます。
Web上でのやりとりでお打合せ回数や印刷コストを削減。
ご来館や長時間のお打合せが難しい新郎新婦様ともマイページで綿密なコミュニケーションが可能に。
手書き作業を減らすことで新郎新婦様・プランナー様双方の作業負担も削減します。
新郎新婦様もプランナー様も楽しめる結婚式準備のお手伝いを。
※Webマイページ機能一覧はこちら
列席者(ゲスト)情報の登録と出欠管理 席次表の作成・配席 引出物のセット登録・割当・集計 進捗状況管理 スケジュール管理 メッセージ管理 ギャラリー 婚礼宴会システムと完全連携
ゲスト(列席者)情報の登録と出欠管理

列席者(ゲスト)情報の登録と出欠管理

マイページユーザーサイトゲスト管理画面 ・列席者の登録と出欠管理ができます。住所も登録できるので、招待状リストとしてCSV出力も可能です。 ・連名の設定やアレルギー情報、肩書きなど、細かな情報も登録できます。
変更があって修正した場合も席次表にそのまま反映されるので安心です。
・お客様自身で登録していただくことで手書き文字の読み間違えによる転記ミスやお名前の漢字間違えなども防止できます。
席次表の作成・配席アイコン

席次表の作成・配席

マイページ管理者サイト席次表画面 お客様に直接、席次表に配席していただけるのでプランナー様の転記の手間や入力ミスなどを軽減します。 ・手書きでは大変だった変更作業もマイページでいつでも簡単に!
ドラッグ&ドロップでラクラク配席!自動配席も可能です。
・席次表画面からもお名前や出欠等の列席者情報を確認・編集できます。
引出物の配置表も出力できます。
引出物のセット登録・割当・集計アイコン

引出物のセット登録・割当・集計

マイページユーザーサイト引出物割当画面 ・引出物のセットを作成し、お客様に直接、割当てしていただくことでプランナー様の作業負担を軽減します。 割当てされた引出物は自動で集計され、集計表で確認できます。セット数や内容物の個数確認も簡単です。マイページで登録された引出物情報は、婚礼宴会システムに連携され、見積に反映されます。
ゲスト登録・出欠確定・引出物割当・席次表配席期限管理アイコン

進捗状況管理

マイページユーザーサイト進捗状況管理画面 ・挙式当日までに必要な作業について、いつまでに何をすべきか、進捗状況をお客様とプランナー様と双方で確認できます。 ・ゲスト登録・出欠・引出物割当・席次表配席などのマイページで行う作業に期限を設定でき、作業状況を共有できます。 ・お客様の作業の進捗状況を細かく確認できるので、より細やかなサポートが可能に。
スケジュール管理アイコン

スケジュール管理

マイページ管理者サイトスケジュール管理画面 ・管理者サイト
お客様のタスク期限や来館日等、プランナー様別に個人スケジュールカレンダーを表示。
日付ごとのタイムスケジュールや担当の挙式一覧も合わせて確認できるので安心です。
・ユーザーサイト
タスク期限や来館日の他に新郎新婦様の個人的なスケジュールも登録可能です。
プランナー様が登録した来館日も新郎新婦様のカレンダーに表示されますので、打合せの日程忘れや日付間違いも防止できます。
(※新郎新婦様が登録された個人スケジュールは管理者サイトには表示されません)
メッセージ管理アイコン

メッセージ管理

マイページメッセージ管理画面 ・プランナー様と新郎新婦様とでメッセージのやりとりができます。 ・マイページ上でやりとりすることで履歴をスレッド管理できます。
スレッドごとに完了・未完了のステータス設定できるので、進行中のやりとりをすぐに確認できます。
・各種作業についてのお願いや校正データ・お見積内容の確認等、ファイル添付も可能。
ご来館が難しい新郎新婦様にも細やかなフォローが可能になり、綿密なコミュニケーションを実現できます。
ギャラリーアイコン

ギャラリー

マイページギャラリー画面 ・写真やPDFファイルなどを掲載したギャラリーを作成できます。 ・新郎新婦様にお見せしたい試着時の写真やお見積書のPDFを自由に追加・削除できます。お客様ごとの専用マイページなので他のお客様へは公開されず、プライバシー保護も心配ありません。
婚礼宴会システム連携アイコン

婚礼宴会システムと完全連携

マイページユーザーサイト見積画面 マイページで登録された内容は、婚礼宴会システムに完全連携。
引出物情報も婚礼宴会システムの見積に取込可能です。
・見積内容もマイページから確認できます。 ・データを再入力する手間や転記ミスの心配もありません。
By worksystem